理事長

名前 所属 専門分野説明
本間 生夫
(ほんま いくお)
東京有明医療大学 学長 疲れやすい、眠れない、大事な場面であがる、イライラする……心と体の不調は呼吸にあります。呼吸をスムーズに行うことで、心身への負担を少しでも和らげるよう呼吸の研究から“呼吸筋ストレッチ体操”を考案し、老人ホームや震災後の東北の小学校などで実践しています。

副理事長

名前 所属 専門分野説明
船橋 新太郎
(ふなはし しんたろう)
京都大学 名誉教授 ワーキングメモリを手掛かりに、前頭連合野が関わる思考、判断、意思決定などの仕組みを、動物(サル)を用いた神経生理学的な方法で解明しようと試みています。

理事

名前 所属 専門分野説明
浦川 将
(うらかわ すすむ)
広島大学大学院 医系科学研究科 運動器機能医科学 教授 リハビリテーション医療を担う理学療法士、作業療法士への教育と研究指導に従事しています。リハビリテーションと情動(こころの動き)は、まだまだこれからの研究領域ですが、機能回復時のこころの変化や、発達障害に対する介入効果などに着目し、動物実験/ヒト対象実験の両方から研究をすすめています。
岡田 尊司
(おかだ たかし)
岡田クリニック 院長 発達障害や愛着障害、パーソナリティ障害の治療に長年携わってきました。現在は、愛着モデルで状態の改善を図る愛着アプローチを中心に取り組んでいます。
河村 満
(かわむら みつる)
昭和大学医学部内科学講座神経内科学 名誉教授 脳神経内科の中で、臨床神経心理学(失語・失行・失認・健忘・情動障害・社会的認知障害・時間認知障害などの病態研究)を専門にしています。神経症候学や脳と音楽、神経学の歴史についても執筆しています。最近ではたくさん認知症の方が受診にいらっしゃいます。
神山 忠
(こうやま ただし)
岐阜市特別支援教育 主幹教諭 小中学校では、学びや生活に困難を感じている児童生徒が多くなっています。その困難さを個人内因子と環境因子とに見極めることで、健やかな育ちにつなげられるよう実践しています。また、健常者と障害者の垣根がない融合社会を模索しています。
下山 晴彦
(しもやま はるひこ)
東京大学大学院 教育学研究科 臨床心理学コース 教授 私が専門とする臨床心理学は、「科学、理論、実践を統合して、人間行動の適応調整や人格的成長を促進するとともに、不適応、障害、苦悩の成り立ちを研究し、問題を予測し、そして問題を軽減、解消することを目指す」学問です。人間の問題行動がどのように維持発展されるかについての科学的探究するとともに、その問題行動にまつわる苦悩を生み出す状況を改善し、問題を解決する臨床実践に関わっています。
内匠 透
(たくみ とおる)
理化学研究所 脳科学総合研究センター精神生物学研究チーム 教授 脳の高次機能の理解を目指しています。そのために発達障害や精神疾患の病態理解、概日リズム・睡眠のメカニズムを研究しています。
津田 正明
(つだ まさあき)
富山大学 名誉教授 専門分野は、分子神経生物学です。30歳代まで分子生物学の分野で、遺伝子発現制御(転写)の研究を行っていました。その後、神経系の分野に移り、記憶メカニズムを“環境と遺伝子発現”という観点から、とくに脳由来神経栄養因子(BDNF)の遺伝子発現に注目して検討してきました。そのため、“環境と幼児脳発達”というテーマには多大な関心があります。
十一 元三
(といち もとみ)
京都大学大学院医学研究科人間健康科学系 教授
西条 寿夫
(にしじょう ひさお)
富山大学医学薬学研究部システム情動科学 教授 情動反応には、生まれつきの恐怖(本能的情動反応)と学習により獲得していく学習性情動反応の二つの過程が存在します。とくにヘビに対する恐怖は、霊長類に特徴的な本能的情動反応であり、ヘビの認知に関与する神経細胞の活動を神経生理学的に研究しています。
二宮 くみ子
(にのみや くみこ)
味の素株式会社 グローバルコミュニケーション部 理事
飛田 秀樹
(ひだ ひでき)
名古屋市立大学大学院医学研究科脳神経生理学 教授 発育期の外部環境からの刺激が情動行動に及ぼす影響について研究しています。具体的には、動物の発育期に豊かな環境飼育やうま味摂取(外部からの単一刺激)によって、成熟後の不安様行動や社会性(攻撃性)の変化がどのような脳内機構によって生じるのかを調べています。
福田 正治
(ふくだ まさはる)
福井医療短期大学看護学科 教授
政岡 ゆり
(まさおか ゆり)
昭和大学医学部生体調節機能学 准教授 ヒトの認知、情動を視覚化するfMRI、脳波双極子追跡法を用いて研究を進めております。特に呼吸と情動、嗅覚と記憶をテーマとし、花王株式会社 感性科学研究所、オーストラリアメルボルン大学精神医学センターとの共同研究に取り組んでいます。今後も様々な分野の方と共同研究をし、人が豊かに生きていくための仕組みを解明したいと思っております。
松村 京子
(まつむら きょうこ)
佛教大学教育学研究科 自分で自分の情動、行動、思考を制御する自己制御能力及び実行機能は対人関係と学力の向上に不可欠です。特に、幼児期から学童期にそれらの能力が著しく発達することが知られています。子どもたちの自己制御能力及び実行機能の発達を促す“STARTプログラム”(DVD:医学映像教育センター)を開発しました。兵庫県、宮城県、鳥取県、埼玉県の小学校や幼稚園で実践されています。
三村 將
(みむら まさる)
慶應義塾大学医学部精神神経学教室 教授 超高齢社会の日本では、うつ病と認知症は今日、国民病とも呼べるほど、患者さんの数が増えています。これらの疾患への適切な診断と対応は急務と言えます。また、病的状況に陥る前にいかに個人のレジリエンスと健康度を高め、主観的幸福感の高い生活を送っていくかが求められています。
渡辺 茂
(わたなべ しげる)
慶應義塾大学 名誉教授 動物とヒトの脳と行動を比較する研究をしています。しばらくマウスを中心に動物の共感の研究をしていましたが、昨年よりウナギの空間認知を研究しています。
渡辺 正孝
(わたなべまさたか)
(公財)東京都医学総合研究所 精神行動医学研究分野 客員研究員 人を人たらしめる上で最も重要な役割を果たす大脳「前頭連合野」の働きを、特にその感情・情動機能と社会性機能に関係させた研究をしています。

評議員

名前 所属 専門分野説明
赤井 利奈
(あかい りな)
国立成育医療研究センター こころの診療部 研究員  
内田 さえ
(うちだ さえ)
東京都健康長寿医療センター研究所・自律神経機能研究室 専門副部長 認知症で最も早期に低下する嗅覚機能にコリン作動性神経系が関与する可能性についての基礎および臨床研究を行っています。
近藤 高史
(こんどう たかし)
近畿大学農学部食品栄養学科食品化学研究室 教授 2020年4月1日付で近畿大学教授に着任しました。これから、食品/栄養素とおいしさおよび機能性との関連について研究する予定です。
鄭 且均
(じょん ちゃぎゅん)
名古屋市立大学大学院医学研究科病態生化学 准教授 日本を含め世界はすでに超高齢社会に突入しているが、アルツハイマー病の病態発症の分子機構は未だ明らかにされておらず、有効な治療法が見い出されていないです。本人はアルツハイマー病病態の細胞死メカニズムやアミロイドβ産生メカニズムの解明を目指して研究しています。
田渕 英一
(たぶち えいいち)
富山短期大学食物栄養学科脳機能解析学 教授 電気生理学的手法による大脳各領域の機能の解析を行ってきました。近年では、ヒトの食による病気の治療を目的とした「発芽玄米摂取によるアレルギー治療効果の検証」や「栄養・作業・運動複合的治療による認知症治療効果の検討」の研究を行っています。
西丸 広史
(にしまる ひろし)
富山大学学術研究部医学系・システム情動科学 准教授 発育期の外部環境からの刺激が情動行動に及ぼす影響について研究しています。具体的には、動物の発育期に豊かな環境飼育やうま味摂取(外部からの単一刺激)によって、成熟後の不安様行動や社会性(攻撃性)の変化がどのような脳内機構によって生じるのかを調べています。
堀 悦郎
(ほり えつろう)
富山大学大学院医学薬学研究部(医学)行動科学 教授 コミュニケーションや社会的認知に関する行動および脳機能を調べること。そうした行動や脳の働きから、高次脳機能を解明すること。それらの研究成果を看護の現場で応用できるように還元すること。
本間 元康
(ほんま もとやす)
昭和大学医学部生理学講座生体調節機能学部門 講師  

名誉理事長

名前 所属 専門分野説明
小野 武年
(おの たけとし)
富山大学医学薬学研究部 神経・整復学講座 特任教授 1965年金沢大学医学研究科入学以来50年以上にわたり、マウス、ラット、ネコ、サル、ヒトを対象に、大脳皮質や辺縁系の脳波ならびにニューロン活動と行動の相関を解析し、「情動と記憶」の仕組みと働きについて体系的な解明を試みている。これらの研究成果が教育、理工学、医療などに役立ち、健全な人材育成や社会の発展に寄与することを願っている。

顧問

名前 所属 専門分野説明
日下部 禧代子
(くさかべ きよこ)
跡見学園理事、元参議院議員・文部政務次官 理事  

上記日本情動学会理事・評議員へのお問合せ等は日本情動学会事務局 emotion@iki-iku.com まで。